稲わらマルチ

今日は「稲わらマルチ」を施用しました。里山循環型農業を目指す横山谷農園の挑戦は続きます(*_*;
7月が近づき地温が上がってくるとビニールマルチより「稲わらマルチ」がいいと思います・・・でもビニールマルチって簡単に貼れるんだな-楽なんだな(*_*;

「稲わらマルチ」いい点・・・
①適度な水分調整をしてくれる
②自然分解するため使用後の回収が不要(エコ)
③銀ビニールマルチと同様、遮光効果があり!
④雨の時の泥はねを抑えてくれる
⑤肥料効果あり
⑥ビニールマルチと同様に雑草を抑制する効果あり
⑦追肥が比較的に簡単

「稲わらマルチ」わるい点・・・
①稲わらの裁断・・・きつい
②稲わらの施用・・・腰が痛い
③稲わらの不足・・・最近少ない

稲わらマルチづくりスタート
昔懐かしい切断機でグサッ!グサッ!グサッ!小さく切断 発酵肥料を混ぜ合わせて準備完了・・・ 夏の乾燥を防ぎ、地温の上昇を防ぐ効果はフィルムよりはるかに大きい「稲わらマルチ」

有機物の増加による土壌物理性の改善、地表付近の根群の増加、水溶性養分が土に移り有効態カリが増加(特に果樹が有効)するなどの副次的効果も期待できます!いいことばかりのようですが・・・地温上昇には明らかにマイナスとなるので、低温期には使えません。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

雑草マルチ化計画

次の記事

有機塾⑥