植物の栄養素

植物の栄養素は無機物です。窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)の三大要素のほか、カルシウム、マグネシウムなどの微量要素も必要です。なかでも、植物が発芽、生育するのに不可欠なのが窒素で、土壌内の有機物が微生物によって分解されるときに発生します(地力窒素)。この分解が行われるには、一定の土壌温度が必要です。

近代農法では、有機物が未分解で、地力窒素が発現されていない低温期においても、化学肥料によって播種や定植を可能にしてきました。いっぽうで、無肥料や有機質肥料を用いた栽培は、気温や地温の影響を直接的に受けるため、適温にならなければ播種も定植もできません。伝承農法では、播種などの適期を正確に知る必要があり、そのための方法が、生物指標の利用です。

たとえば、カッコウやツツドリは初鳴きで配偶者を求め、交尾後、他の巣に産卵します(托卵)。托卵するため、托卵先の雛の餌が繁殖する時期まで推定して、初鳴きすると考えられています。こうした生態を利用して、北海道や東北地方では、これらの初鳴きをダイズの播種期やジャガイモの定植期の目安としてきました。

 

病害虫に強い農法

生態系を重視する農法
自然農法、有機農法、伝承農法とも農薬と化学肥料はほとんど用いません。病害虫の発生と肥料には正の相関関係があり、多肥は病害虫に弱く、少肥は病害虫に強くなることから、自然農法、有機農法、伝承農法は病害虫に強い農法といえます。
また、 自然農法、有機農法、伝承農法は自然生態系を重視する農法であるため、土壌中の小動物や微生物、飛来する昆虫など生物の多様性 が維持され、病害虫など特定の生物が優先して繁殖することを抑制しているものと思われます。

 

野菜の分類

アブラナ科野菜(キャベツ、ハクサイ、ダイコン、カブ、コマツナ)
アブラナ科野菜は、ほとんどが地中海沿岸原産で、秋に発芽し、冬期間に生育し、春に開花する二年草です。他殖性(異なる株の花粉で受粉し、自身の花粉で受粉できない性質)であるため、交雑種が数多くあります。根圏微生物を共生し、多くの植物に共生する菌根菌(植物の根に共生する微生物。第4章参照)は共生しません。吸肥力が強く、有機質が多い肥沃な土壌を好みます。連作畑では、完全寄生菌のプラズモデオフォーラ菌による根こぶ病が発生し、大きな被害を受けます。

ウリ科野菜(キュウリ、スイカ、カボチャなど実物野菜)
ウリ科野菜の原産地は中央アメリカ、インド、アフリカなどに分散していますが、比較的高温を好み、多くは一年草です。雌雄異花(雌花と雄花に分かれている)が多く、他殖性です。つる性で浅い位置に根を伸ばし、水を好みますが、過湿を嫌いますので、水はけのよい土壌条件を好み ます。アンモニアに弱く、未熟な堆肥を嫌い ます。またカリウム肥料を好み ます。連作畑ではネコブセンチュウが発生し、大きな被害を与え ます。

ナス科野菜(ナス科はナス、ピーマン、トマトなど実物野菜とジャガイモの根物野菜)
ナス科野菜の原産地は中央アメリカ、南アメリカ、インドなどに分散し、生育環境はナスの高温・多湿からジャガイモの低温・乾燥まで大きく異なります。自殖性(自分の花粉で受粉する性質)が強く、交雑することはほとんどありません。水を好みますが、葉への降雨は過繁茂や病害の発生原因となり ます。ジャガイモ、トマトは貧栄養でも育ち、ナス、ピーマンは高栄養を好みます。また、ナス科野菜はカルシウムを好み ます。連作畑では細菌のラルストニア・ソラナセアルム菌による青枯病が発生し、大きな被害を与えます。

ユリ科野菜(ネギ、タマネギ、ニラなどの葉物野菜)
ユリ科野菜の原産地は地中海沿岸、ヨーロッパ、東南アジア、中国などに分散しますが、比較的冷涼な気候を好み、多年草や二年草が多くなります。タマネギやネギなどの実生繁殖系(種から育てる)は他殖性であるため、交雑種が数多 あります。単子葉であるため、アンモニアを好み、未熟な有機物でも育てることが でき ます。 また、根に菌根菌が共生するため、荒れ地でも生育できます。ネギ、タマネギ、ニラなどの葉物野菜がユリ科に属します。

 

野菜ごとの肥料

野菜の種類によって、肥料成分の要求が異なります。
・ホウレンソウ やコマツナなどの葉物野菜は、窒素肥料を好むので、有機質肥料では、菜種油粕や大豆油粕を施用します。
・キュウリやスイカなどの、つる性の野菜類はカリウムを好むため大豆油粕を施用します。
・イチゴやナスなどの果菜類はリン酸を好むため魚滓を多めに施用 します。
また、根の深いナスやホウレンソウは、深い位置、根の浅いキュウリやイチゴは浅い位置に施用します。

②ボカシ肥料の使い方
有機質肥料の肥効を速めるためには、少し発酵( ボカシ)してから用います。発酵方法は、野菜の種類、施用の時期などによって、多少異り ます。有機質肥料は微生物の働きによって分解さ れ、アンモニアになり、次に硝酸に変化します。
・ネギ、ニラ、タマネギなどの単子葉野菜類は、アンモニアを好むので、やや生で施用します。
・キュウリ、トマト、コマツナなどの双子葉野菜類は硝酸塩をむので、ボカシ(硝酸に変化してから)を施用します。
・特にメロンやキュウリは、アンモニアに弱いため、生の有機物を与えることは禁物 です。

③施用方法によって異なる有機質肥料の肥効
有機質肥料は、微生物に分解されてはじめて、野菜が肥料として吸収することができます。このため、前述のように、発酵( 分解)させてから用いると速く肥効が発現します。また、発酵、未発酵にかかわら ず、施用方法によって、土壌微生物の働きが異なるため、肥効も異なります。有機物の分解には酸素を必要としますので、酸素が多いと速く、少ないと遅くなります。また、微生物によって分解されますが、微生物 活性は有機物が多いと高くなり、少ないと低くなります。すなわち、酸素の供給が少ない深い位置や、微生物活性の低くなる全層施用は肥効 が遅く、長くなり ます。逆に酸素が多い土壌表面や、微生物活性が高くなるすじ状やツボ 状 施用は肥効が速く、短くなり ます。有機質肥料 は 、A-1のような順番で肥効を発揮します。このため、元肥は全層に混和して肥効を長く、追肥は表層にすじ状あるいはツボ状に施用して肥効を速め ます。

A-1
生を地中深く施用<生を全層に混和<ボカシを全層混和<生を表層施用<ボカシを表層施用<生をすじ状あるいはツボ状施用<ボカシをすじ状あるいはツボ状施用

水分管理は野菜によって異なる

乾燥する土地に自生する植物にとって、水分の確保は生死を分ける重要な課題です。逆に、湿潤な土地に自生する植物にとって、水分は多すぎるか、むしろやっかいな存在でもあります。乾燥地に自生するスイカは根を深く伸ばし、水分の蒸散を抑える茎葉の構造があり、湿潤地に 自生するサトイモは、親芋の上に小芋を作って根を浅く伸ばし、葉は水をはじく性質があるなど、植物は自生地のさまざまな条件に適応して 進化してきました。田畑には、砂地のように水持ちの悪い圃場、重粘土のようにまったく水が浸透しない圃場などがあります。この ため、自生地の土壌条件に合わせるため、根の深いゴボウ、ナスなどの野菜は深耕、根の浅いキュウリ、トマトなどの野菜は根を守るワラや枯れ草などの敷き料、湿潤を嫌うジャガイモ、サツマイモ などの野菜は明渠や高畝による水はけ等の対策が必要となります。

土作りは、野菜の種類や栽培地域によって変える

①野菜の種類
・ナス、オクラ、スイカ、ゴボウなどは深い位置に根を伸ばし、トマト、イチゴ、キュウリ、メロンなどは浅い位置に根を伸ばし ます。
・サツマイモ、ジャガイモ、ヤマイモなどは有機物を嫌い、キャベツ、コマツナ、シュンギクなどは有機物を好み ます。
・ネギ、 ホウレンソウ、 ビート、 ムギ は多肥を好み、豆類、サツマイモ、ジャガイモ、サトイモは肥料をほとんど必要としませ ん
・ネギ属など単子葉野菜は、未熟(未発酵)な肥料を好み、ウリ類など双子葉野菜は完熟(発酵)を好み ます。
・コンニャク や サトイモは厚い覆土を好み、ラッキョウ、ジャガイモは厚い覆土を嫌います。
・この よう に、野菜によって、土の好みは異なります。このため、耕す深さ、有機物の熟度や施用量、有機質肥料の種類など野菜の種類に合わせた土作りが必要になります。

 

 

木嶋利男. 伝承農法を活かす家庭菜園の科学 自然のしくみを利用した栽培術 (ブルーバックス) (Kindle の位置No.546). 講談社. Kindle 版.