お茶摘みイベント

「茶摘み&新茶体験」
広島市最北端の村‐安佐町‐小河内は、古くから棚田の石垣を利用したお茶栽培がおこなわれていました。狭い谷合の土地を有効活用するため、棚田の石垣まで利用してお茶を栽培し広島市内に出荷して生活の糧にしていたようです。そのお茶が現在でも石垣の間に育っています。今日は、そのお茶の新芽を摘んで焙煎し、新茶を楽しみました。

子供達が「茶摘み&新茶体験」に遊びに来てくれました。新芽のフタバだけを摘んで行きます。摘んだ葉は電子レンジで焙煎しました。こんなに簡単に美味しい新茶が頂けるとは・・・ちょっとした贅沢で楽しい体験です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

土起こし&散水